MENU

ニュース

ニュース詳細

NEWS12/19(水)、合同クリスマス礼拝を開催しました。
12月19日(水)に、聖隷クリストファー大学と聖隷クリストファー大学介護福祉専門学校の合同クリスマス礼拝を開催しました。

本学のクリスマス礼拝は、フランスとスイスの宗教改革者カルヴァンの教えに基づく礼拝順序によって行われています。
礼拝の中心は、聖書・讃美・祈りです。聖書朗読、参加者全員での讃美のほか、W.Byrd Choirによる賛歌、聖隷クリストファー・ハンドベル・リンガーズによるハンドベル演奏、チェンバロ演奏、聖歌隊の合唱などが行われました。

また、東京神学大学の焼山満里子教授を説教者にお招きし、『愛し合う』をテーマにお話しいただきました。焼山教授はお話の中で、イエス・キリストが重い皮膚病の人を癒した聖書の一節に触れ、病気と病気による迫害の二重苦を抱えた人へのキリストの憐みの深さを讃えるとともに、多様な人間関係の中で互いに愛し合うことを求める大切さについて述べられました。

礼拝ではクリスマス献金が行われ、集められた献金は、インド聖隷希望の家、ブラジル希望の家、日本海外医療協力会(JOCS)へ送られます。
ページの先頭へ戻る