MENU

ニュース

ニュース詳細

NEWSホームカミングデー2018を開催しました!

ウェルカムセンター(受付)の様子

ウェルカムセレモニーの様子

交流会・勉強会の様子

パーティの様子

聖隷クリストファー大学ホームカミングデー2018を、11月3日(土)に開催しました。
卒業生・修了生を大学にお迎えし、仕事や研究・研修の拠り所として、また保健医療福祉の最新情報や人材情報の交換拠点として母校を活用してもらうよう、本学の現在を伝える機会、同窓生、先輩・後輩と旧交を温め教職員と交流する機会としています。
今年で12回目となり、今回も多くの卒業生・修了生にご参加いただきました。

ウェルカムセレモニーでは、学長および実行委員長からの歓迎の言葉、在学生のブラスバンドサークルの演奏で歓迎しました。

続いて、看護系・社会福祉系・リハビリテーション系に分かれての、領域ごとの勉強会・交流会です。今年のテーマは、看護系が『看護職として働き続けるために ~経験・悩みを語り合おう!!~』、リハビリテーション系が『好評につき第二弾「全部まとめて祝う会!with 餅つき大会」』、社会福祉系が『あの頃とこれから…。』『年代・領域を越えたなんでも話』『つくってあそぼう!』『卒業し新しい進路先で感じている想い、学びなどの近況報告』でした。

その後、会場をオークラアクトシティホテル浜松に移し、パーティを開催しました。
開会礼拝、学長・理事長および実行委員長の歓迎の言葉ではじまった会は、プレイバック映像、クイズを用意し、食事・歓談しながら久しぶりに顔を合わせた同級生や先生と、懐かしいお話で大いに盛り上がりました。

なお、当日行われました各プログラムの詳しい様子につきましては、ホームカミングデー特設HP内のブログで随時報告していく予定です。
ぜひご覧ください。

ホームカミングデー特設ホームページ
ページの先頭へ戻る