MENU

ニュース

ニュース詳細

TOPICS本校の特色-授業科目②「聖隷の理念と介護福祉教育」
本校の特色を、カテゴリー別にご紹介していきます。

授業科目②「聖隷の理念と介護福祉教育」

1年次の秋セメスターに学ぶ必修科目です。
全15回、1回80分の講義です。
*本校では、1年間を春セメスターと秋セメスターに分けています。秋セメスターは10月に始まります。

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * …* … *

聖隷学園における介護福祉専門職の教育は1978年福祉医療ヘルパー学園(以下ヘルパー学園)に始まり、現代に至ります。
ヘルパー学園は日本で最初に福祉と医療を併せた教育を行った点において、介護福祉教育のパイオニア的存在です。
本科目では聖隷学園における介護福祉教育を支えてくださる多くの法人のトップの方の生の声を聴き、これからの介護福祉運営のビジョンと本校への期待をしっかり受け止め、学修の動機付けを図ります。
また同時に、組織体のあり方、対人関係のあり方、リーダーとなった場合の人材育成のあり方等を身に付けます。

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * …* … *

[各回のテーマ・内容]
各回、特別講師をお迎えして講義を行っています。

第1回:聖隷の理念(聖隷学園理事長/長谷川了)
第2回:現場の現状と学生に期待すること(十字の園)
第3回:現場の現状と学生に期待すること(小羊学園)
第4回:現場の現状と学生に期待すること(牧ノ原やまばと学園)
第5回:現場の現状と学生に期待すること(慈悲庵)
第6回:現場の現状と学生に期待すること(三幸会)
第7回:現場の現状と学生に期待すること(ひかりの園)
第8回:現場の現状と学生に期待すること(一穂会)
第9回:現場の現状と学生に期待すること(八生会)
第10回:現場の現状と学生に期待すること(和恵会)
第11回:現場の現状と学生に期待すること(白梅会・白梅福祉会)
第12回:現場の現状と学生に期待すること(七恵会)
第13回:現場の現状と学生に期待すること(日本老人福祉財団)
第14回:現場の現状と学生に期待すること(天竜厚生会)
第15回:現場の現状と学生に期待すること(聖隷福祉事業団)
ページの先頭へ戻る