MENU

大学レベルの教育

大学レベルの教育

知識と技術が身につく充実のカリキュラム

授業

「介護福祉士」として、必要な知識・技術を基礎からしっかりと学びます。また、大学に併設された立地を生かし、大学レベルの教育を受けることができます。充実のカリキュラムとサポートで、介護福祉分野の中核となる人材を育成します。

聖隷の歴史に基づき未来をひらく介護福祉教育

「自分のことのように他者を考え支援する」という隣人愛をもち、 かつ最先端の科学的な個別ケアを展開する知識と技術をもった介護福祉士の育成をめざします。

授業

授業ピックアップ

介護の基本Ⅱ

介護の基本Ⅱ

「尊厳の保持」「自立支援」という新しい介護の考え方を理解するとともに、「介護を必要とする人」を生活の観点からとらえるための学修をします。介護を必要(対人支援を必要)とする方々の生活課題を分析し、解決するための基礎的な能力を身につけることを目的とします。

介護総合演習Ⅰ

介護総合演習Ⅰ

介護実習の意義や意味を理解し介護実習に向けた準備を行うため、「介護実習」と連動して取り組む科目です。演習形式の授業を通して実習施設の概要を学ぶとともに、実習へ取り組む姿勢、記録の書き方などを学んでいくため、学生自身が安心して実習に臨むことができます。

生活支援技術基礎Ⅱ

大学レベルの教育

利用者自身の自立・自律を尊重し、潜在能力を引き出したり、見守ったりすることも含めた適切な介護技術を身につけます。食事の介助、自立に向けた入浴・清潔保持や排せつの介護を、学生がグループを作り利用者・介護者双方の立場を体験することで、学修していきます。

専門学校教員陣

  • 植田裕太朗
    教務主任

  • 佐野仁美
    教員

  • 髙山暢子
    教員
大学教員による授業があります

専門学校の授業のなかには、大学教員が担当している授業もあります。専門学校の教員だけでなく、大学・大学院の教員も授業を行うことで、大学レベルの教育を受けることができます。
例:社会の理解Ⅰ、介護過程基礎論Ⅰ、障害者福祉論、健康長寿と運動 など

聖隷クリストファー大学の授業を受講することができます。

専門学校の授業に加え、大学の科目等履修制度を利用して、大学の教養科目を受講することができます。
大学の授業を受講することでより広い視野と大学編入にもつながる学びが得られます。

教員陣

教育課程表(2020年度)

教育課程表

ページの先頭へ戻る