MENU

大学レベルの教育

大学レベルの教育

大学の充実した学習環境を共用し、専門学校の教員と共に日々新しい知識・技術を開拓している大学・大学院の教員が授業を行います。

授業ピックアップ

介護の基本

大学レベルの教育

「その人らしい暮らし」「生きる楽しさを感じる暮らし」を支援します
高齢者、障がい者の尊厳を守り、「人生の豊かな営み」を継続するための支援、人間の多様性や複雑性を踏まえて、その人の生活史、 価値観、生活様式等の多様性を理解して「その人らしさ」を支援していくことを学びます。

こころとからだ

大学レベルの教育

こころとからだの関係性を知り、介護過程における根拠を学びます
こころとからだへの影響の原理と根拠を知ることで、どのような状態であっても、その人の自立(自律)を尊重し、 潜在能力を引き出せる「心身機能」「身体構造」からのアセスメントの視点がわかるための学習です。

生活支援技術

大学レベルの教育

他者を様々な側面から理解します
生活の場面で必要とされる技術を統合する科目です。例えば嚥下の悪い方への対応では、誤嚥をしない為の具体的な介助方法だけではなく、 食事形態の工夫やその調理までの技術修得を目指します。

専門学校教員陣

  • 杉山せつ子
    教務主任

  • 佐野仁美
    教員

  • 植田裕太朗
    教員
大学教員陣

  • 古川和稔
    教授・学科長

  • 野田由佳里
    教授

  • 落合克能
    助教

  • 秋山恵美子
    助教

  • 井川淳史
    助教
聖隷クリストファー大学の授業を受講することができます。

専門学校の授業に加え、大学の科目等履修制度を利用して、大学の教養科目を受講することができます。
大学の授業を受講することでより広い視野が得られます。大学編入にもつながる学びが得られます。
例:社会学、法学、経済学、臨床心理学など

教員陣

知識と技術が身につく充実のカリキュラム

「介護福祉士」として、必要な知識・技術を基礎からしっかりと学びます。
充実のカリキュラムとサポートで、介護福祉の中核となる人材を育成します。

聖隷の歴史に基づき未来をひらく介護福祉教育

「自分のことのように他者を考え支援する」という隣人愛を持ち、 かつ最先端の科学的な個別ケアを展開する知識と技術を持った介護福祉士を目指します。

教員陣 教員陣

教育課程表(2016年度)

教育課程表

ページの先頭へ戻る